プラスチック用着色剤メーカー日本化成株式会社。半世紀を越えるキャリアから知識で、納得のカラーをご提案致します。


着色剤は使用原料、成形条件、多々微妙な条件で発色、物性などが変化します。当社は長年の経験をデータ化しあらゆる問題にも対処します。


調色作業はトライアンドエラーの繰り返しであるが、この工程が最も時間を費やす作業である。従ってこの作業工程をいかに短くするか、いいかえれば、トライアンドエラーの回数を少なくするのが重要である。当社が永年培った調色技術にて、短時間で高精度の見本色を作り出します。


過去、調色した見本色を、当社独自の管理システムと保存システムにて、50万色のカラーが瞬時に再現出来ます。